会社情報

歴史・沿革

1948年
  • 埼玉県川口市にて浜崎政吉が浜崎製作所創立。
1951年
  • オイルバーナーの製作開始。
1953年
  • 浜崎製作所を組織変更し「東浜工業有限会社」を設立。
1955年
  • 当社独特のロータリーブロワーの製造販売を開始。
1963年
  • 東京都千代田区神田に子会社「東浜商事株式会社」を設立、販売を委任。
1965年
  • 東浜商事株式会社福岡営業所開設。
1966年
  • 東浜商事株式会社札幌営業所開設。
1972年
  • 東京都千代田区三崎町に東浜商事株式会社の本社を移転。
1976年
  • 埼玉県久喜市の久喜菖蒲工業団地(現在地)に本社工場を新築移転。
1977年
  • 東浜商事株式会社大阪営業所開設。
1979年
  • ロータリーブロワー月産18,000台を達成。
1984年
  • 埼玉県久喜市の清久工業団地に清久工場完成。
  • 板金、溶接部門を久喜工場より移転、設備を拡充。
1985年
  • 電気制御盤・キューピクルの製造販売を開始。
1986年
  • 業務用クリーナー並びに集塵清掃関連機器の製造販売を開始。
  • 東浜商事株式会社本社に環境機器事業部を設置。
1991年
  • 東浜工業有限会社を「東浜工業株式会社」に組織変更。優良申告法人として表彰される。
1992年
  • 東浜商事株式会社名古屋営業所開設。
1994年
  • イタリア「ギブリ」社及び「デュープレックス」社の日本総代理店として業務用クリーナーの販売を開始。
1994年
  • 中国に資本金1億3,000万円にて住金物産株式会社と合弁会社「百事徳機械(江蘇)有限公司」を設立。中国国内向けにブロワーの製造販売を開始。
1997年
  • アメリカのルーツブロワー メーカー、タットヒル社と販売提携。日本総代理店として販売を開始。
2000年
  • 中国に資本金100万USドルにて「百事徳機械(江蘇)有限公司」と米国「タットヒル」社とで合弁会社「無錫東泰機械有限公司」設立。ルーツブロワーの生産を開始。
2002年
  • 中国に資本金7,050万円にて東浜商事(株)、住金物産(株)、(株)大熊商会、(株)村田製作所及び中国「合力鋳造」とで合弁会社「常州邦徳鋳造有限公司」設立。鋳物製品の製造販売を開始。
  • 東浜工業株式会社・東浜商事株式会社 代表取締役社長に浜崎泰史就任。
  • 東浜工業株式会社の資本金を4,800万円に増資。
  • ISO9001:2000JQAより、認証取得。
2007年
  • 中国「百事徳機械(江蘇)有限公司」の資本金を3億3,000万円に増資。
2008年
  • 東浜工業株式会社本社久喜工場に新工場棟(1,600㎡)完成。
    中国「無錫東泰機械有限公司」の米国タットヒル社の出資分を東浜商事が買収。完全子会社化する。
2013年
  • 中国「百事徳機械(江蘇)有限公司」の資本金を5,000万元に変更増資。
  • 中国「百事徳機械(江蘇)有限公司」の資本金を8,000万元に変更増資
2015年
  • ベトナム国に資本金100万ドルで同国初のブロワーメーカーTOHIN VIETNAM INDUSTRY CO., LTD.を設立。ベトナム国内およびASEAN諸国向けにブロワーの製造販売を開始。
2016年
  • 韓国に資本金3億ウォンでTOHIN KOREA CO., LTD.を設立。
  • 2000年設立の無錫東泰機械有限公司を百事徳機械(江蘇)有限公司に吸収合併。